マラソン大会の2日前には42度のお風呂に入ると良い理由

2014年3月11日

マラソン大会の筋肉痛予防法
お風呂に入ると、思わず「はぁ~」と声に出ちゃうくらい気持ちが良いもんですよね。

でも単に気持ちが良いからと言う理由だけで入浴するのはもったいないんだそうです。
と言うのも、お風呂の温度で体調をコントロールすることができるからだそうです。
(大東文化大学准教授 温泉医科学研究所 所長 早坂信哉先生 談)

目的によって効果が発揮できる、ベストな入浴温度があるんです。
その中でも、スポーツ後の疲れや、仕事の疲労感など疲れを残したくない時は
42度の熱めのお湯に10分浸かると良いそうです。

42度のお湯で疲れが取れる理由

人の体にはヒートショックプロテインと言う、体の傷ついた部分を修復する(疲労回復)万能のタンパク質があるんだそうです。

このヒートショックプロテインは熱ストレスを与えると増えるようです。
なので、少し熱めの42度のお湯に浸かるのがベストなんだとか。
これで疲れ知らずの体になれます。

ただ頭に入れておきたいのは、ヒートショックプロテインがピークに増えるのは2日後ってことです。

なので、週に2~3回42度入浴をすると効果的だそうですよ。

マラソン大会の2日前には42度のお風呂に入ると良い理由

先にも書きましたが、ヒートショックプロテインが急増するのは体を温めた2日後です。

なので、激しい運動をする時、マラソン大会などに出場する2日前に42度のお湯に10分間浸かっておくと、筋肉痛になりにくいんだそうです。

これ、知っておくと体調のコントロールができて良いですよね。


Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:美容・健康めも健康なるほど

コメントする




« ダイエット中はご飯前にお風呂に入ると痩せやすい!? | ホーム | ダイエットの基本!知っておきたい7つのウソ・ホント »

このページの先頭へ