ウォーターサーバーのRO水は放射性物質が除去できている証明

2011年3月29日

福島原発の事故により、
関東各地の浄水場で、放射性ヨウ素が規制値超えをしたことで、
ミネラルウォーターの買占めなどが先週は問題になりました。。。

現在はかなり数値が下がり、落ち着いているようだけど、
まだまだ予断を許さない状況は変わってません!
(それどころか悪化しているようで、心配で胃が痛くなりそうですよね。。。)

で、その買占めの裏で、問合せや契約希望が急増して
サイトがパンクまでしてしまったのが、ウォーターサーバーでした。

ウォーターサーバーとは
貯水タンクにろ過された水やミネラルウォーターを入れたものを設置し、
飲料や料理としての用途で汲み出す機器のこと。
ウォーターサーバーのクリクラ
※画像→クリクラウォーターサーバーのクリクラ公式サイト公式サイトより

上に乗せるタンクは、宅配で届けてくれるので、
スーパーなどで重いミネラルウォーターを買わなくて済むのが便利です。
他にもウォーターサーバーのメリットは色々あるんですが、
ここでは、そのお水の質について...。

ウォーターサーバーに設置する水の種類は各会社によって
違ってたりするんですが、RO水(ピュア水)を提供しているところが多いです。

ウォーターサーバーの人気ナンバー1の
アクアクララもクリクラでも提供している水です。

RO水を簡単に説明すると、
逆浸透膜(RO膜)システムという、
NASAが開発したろ過システムを使って水をろ過してつくったお水のこと。
(このようにして作られた水を"RO水"と言います。)

※RO水についてはこちらに詳しく書かれてます。
RO水、ROシステムとは?

このRO水は別名ピュア水と言われていて、
ミネラル分もほとんど含まれていないほど純度の高いお水で、
赤ちゃんのミルクにも良いと言われている水です。

で、今最も心配されている"放射性ヨウ素""セシウム"などの放射性物質
が、このRO膜(ろ過システム)で除去が可能なのかどうか?
その辺を疑問に思っている人が多いかと思います。

その答えが、
クリクラの公式サイトで正式に発表されていました!
クリクラの放射能測定結果報告書

結論から言うと、
『放射性ヨウ素やセシウムなど、放射性物質の除去は』可能なんだそうです。

こちらも参考に!
※アクアクララの見解→放射性物質に対するアクアクララの見解
※クリクラの見解→放射能測定結果報告書

一般の浄水器とはろ過できるレベルが全然違う!

RO膜のろ過システムは、ろ過できるレベルが圧倒的に違うんです!
さすがNASAが開発したものだなぁと関心します。
その説明がクリクラのサイトで紹介されていました。
ウォーターサーバーのクリクラ
クリクラウォーターサーバーのクリクラ公式サイト

この説明によると、
一般的な浄水器のフィルターのろ過精度1ミクロン
高精度の中空系膜式浄水器のろ過精度0.01ミクロン

そして
RO膜システムのろ過精度0.0001ミクロン

もちろん数字が小さいほどろ過精度が優れているってことで、
その分、除去できる不要物も多いってことです^^

圧倒できです!

でで、気になる放射性ヨウ素セシウムの大きさは
0.01~10ミクロンというバラつきですが、RO膜なら完全に取り除けます。

数字上では中空系膜式浄水器でも取り除けないことないかと思います。
でも注意したいのが、この浄水器で取り除いたから安心♪なのは
飲む水で、フィルターには放射性物質がついているので、
取替え時に飛び散ってしまう恐れ、ありますよね。。。
なのでなかなか難しいのが現状。。。

そういう意味からも、やっぱりRO膜システムでろ過された水を
各家庭に運んでもらうのが一番安心ではないかと思います。。。

福島原発の事故はまだまだ時間がかかりそうですよね。
赤ちゃんのいるお家はこういったウォーターサーバーを利用する
のも悪くないなと、個人的には思ってます。

価格などの比較はこちらでどうぞ。
ウォーターサーバってどう?

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:生活のめもその他いろいろ

コメントする




« 関西広域連合地域の救援物資の受付 情報 | ホーム | 夏の計画停電に向けて今から始めること »

このページの先頭へ