京都の美味しいパン屋 こせちゃ へ

2011年5月 4日

京都のパン屋『こせちゃ』へ行ってきました。
京都に行く時は道が狭くて運転技術いるので。。。。
できるだけ電車で行くことに決めている私なので、
なかなか行く機会がなかったパン屋さん。

滋賀より"山中越"という名(?)の本当に比叡山を越える山道が
あるんだけど、そこをクネクネと抜けて行ってきました。
GWなので渋滞覚悟で出かけたけど、山道はスイスイ!穴場道でした。
ただ私の軽自動車では息切れする道でしたけど。。。
(途中何度か後ろの車をイラつかせてる気がしたので先をゆずりましたが。。。)

さらに"こせちゃ"は住宅街にあるので、一度は気づかず通り過ぎてしまいました。。
京都パン屋 こせちゃ
駐車場2台ありますが、小さいです。
道も狭いので、できるだけ小さい車で行かれることをおススメします。

小さな小さなお店なんですが、本当に人の良さそうな店主の優しい笑顔と奥で控えめに会釈を下さる、これまた人の良さそうな奥様が出迎えてくれる、素朴で温かいお店です。

私が行ったのは5/2(月)の4時前だったのかな。。。
なので、選べるほどパンの種類がなかったのがちょっと残念でしたが、美味しそうなレーズンの食パンや、小さなくるみパン(ハード)、そして味噌なすパンと野菜カレーパンを購入。
京都パン屋 こせちゃ

でで、食べたのは翌日だったんですが、レーズン食パン食べてビックリ。
もっちもちで美味しい!ものすごく好みの味でした。レーズンとのマッチ感も最高です。

惣菜パンのナス味噌は、お味噌はパンにはきついのでは?と
思いながら食べたけど、これがやさしい味噌で、パン生地と調和されていて美味しかったです。

でも私の好みから言うと、やっぱり具無しでも良いのでは?と思うくらい外側のパン生地がとても美味しかったです!!
惣菜パンでそれを言っちゃうと元も子もないんだけどね。。

でもここはまた行きたい!と思えるパン屋さんでした。
ただ行きづらいのでチャンスは薄いですねー。。。


【こせちゃ お店情報】
●住所:〒606-8141
 京都市左京区一乗寺釈迦堂町33-2
●TEL/FAX:075-791-5291
●営業時間:9:00頃~19:00
●定休日:火・水曜日  8月  年末年始
●駐車場:あり(2台分)
●公式HP→天然酵母 パンの店 こせちゃ

この後、すぐ近くある『恵文社(一乗寺店)』に行って、長居。。。。
疲れたので、和風洋菓子屋さんの『むしやしない』で休憩。
もう一度恵文社へ。。。今度はちゃんと本を買いに!^^
というルートで満喫して家路に着きました。

恵文社の近くには『東風(こち)』というパン屋さんもあって、
気になりつつ、次回に!

今回行った『648471(むしやしない)』は
ちょっと他にはない味がプラスされたケーキ屋さんでした。
京都パン屋 こせちゃ
旦那と二人で盛り合わせ3つセットをペロリといけちゃう小ぶりなケーキでした。
手前のお抹茶色の焼き菓子はサービスでついてました^^

和テイストが入ったケーキたち全部に感じたのは『塩』。
塩の使い方が個性を出しているな~と私は感じました。
洋菓子なんだけど、和風。とっても不思議で優しくて美味しかったです^^

とにかく女性のパティシエさんならではなお店づくりで、いたるところに細かい気遣いを感じたり、パッケージも可愛くデザインされていて、誰かに贈りたくなるものがいっぱいでした。

で、今年の母の日はノープランだったので、焼き菓子の詰め合わせを贈ることに決めました^^
全国発送もしてくれます。

【648471(むしやしない)のお店情報】
●住所:〒606-8115
 京都市左京区一乗寺里ノ西町78
●TEL/FAX:075-723-8364
●営業時間:朝10時~夜8時
●定休日:月曜日(祝日の際は翌日定休日)
●イートイン可
●駐車スペース1台有り
●公式HP:648471(むしやしない)

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:お店めも京都府

コメントする




« 夏の計画停電に向けて今から始めること | ホーム | タンドリーチキンを家庭で作る-はなまるマーケット »

このページの先頭へ