野菜を洗う洗剤!? ナノ ソイクリーナー

2008年8月29日

なんだかスッカリ涼しくなってしまいました。
いきなりだったので、心の準備ができてません(ノ´~`)ノ
かき氷も最後にもう一回食べたかったのに~!

でも、秋色、秋服、秋コスメ、秋グッズ、などなどのお知らせが
あちこちから聞こえてきますね。
新しいモノを見るのは楽しいので嬉しい♪

通販のフェリシモからも新着情報のメールが届いたんですが、
前からあるのは知っていて、気になっていたんだけど、今回さらに気になる...。
ナノ ソイクリーナー
野菜を洗う洗剤 ナノ ソイクリーナー(秋とは関係ないんだけど...^^;)

野菜を洗う洗剤 って聞くとスゴイ恐いですよねぇ。

中国では野菜を本当に泡の出る洗剤で洗っているのを、
報道番組で見てこわいなぁ~って思ってたんですよね。

でもこの ナノ ソイクリーナー 、名前通り、大豆から生まれた洗剤のようです。
原料は大豆と水のみ。

"洗剤"って名前を付けるから、コワイイメージが生まれてしまうんだけど、
ナノ ソイクリーナー は野菜や果物の洗浄をはじめ、除菌、鮮度保持までできる
優秀なクリーナーなんだそうです。
もちろんですが、合成界面活性剤や合成保存料は不使用
食物由来の成分でのみ作られているので安心・安全のようです。

フェリシモのプランナーさんの体験談によると、
「汚れが落ちるのはもちろんですが、何より野菜や果物の傷みが違うんです!
特に大葉とか白菜とか、何もしないよりも長持ちしてくれて、
とても助かってます。
ちなみにこのクリーナーと同じ原料を使って野菜を洗浄している
外食業者も増えているそうですよ。」
とのこと。

そう言えば、学生の頃短期バイトで某お惣菜・お弁当の工場で
働いたことあるんだけど、キャベツを何か分からない
コワ~イ液体で洗ってたました(≧▽≦)
↑この工程を、安全な大豆の洗剤でやるってことならそれはイイかも!
 地球にも優しいし!!

ナノ ソイクリーナー
●販売価格:1本300ml \1,260 (税込)
●成分:大豆脂肪酸(大豆レシチン、大豆イソフラボン、α-トコフェロール含む)、水
フェリシモのローカルエクスプレスにて販売

【ナノ ソイクリーナーの使い方】
2リットルの水に2~3cc(ポンプ1プッシュは1cc)を入れた容器に
10~20分間、野菜や果物を漬け置きします。
その後、水で洗うと汚れを取り除くだけでなく鮮度を保持することができるんだそうです。

う~んってことはやっぱり、普通のスーパーで売られている野菜は
残留農薬が確実にあるってことなのかなぁ。普通に考えたらそうだよねぇ。

楽天でも似たようなソイクリーナーが売られてました!
まだまだ一般的に普及しそうにはないけど、
フェリシモでは売り切れになっているようなので、反響は呼んでいるのかも
知れないですね。

皆さんは使ってみたいですか?
私はたまにサニーレタスなどを洗おうと水につけると、何かヌルヌルして、
なんだろ?これーー!って感じる時があるので、
一度は試してみたい!!なので気になるんですよねぇ。

↓左から、キッチン用、洗濯用、バス・トイレ用洗剤です。
 キッチン用では野菜も洗うことができる程の安全さのようです♪
 地球にも身体にも優しい洗剤ってわけですね。
 アレルギーやアトピーの方にも安心して使える内容なので、気になる方はどうぞ~。
 ※フェリシモで売られているものも、どうも同じメーカーさんのようですよ。
ソイクリーナー(キッチン用)     ソイクリーナ(洗濯用)     ソイクリーナー(バス・トイレ用)

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:日々雑記

コメントする




« 塩だれバラ肉とキャベツのミルフィーユ レシピ | ホーム | エコ トクくん モニター に当選しました♪ »

このページの先頭へ