インフルエンザ 対応 マスク の種類について

2009年5月23日

新型インフルエンザ ( インフルエンザA型 ・ H1N1 )のニュース や
感染者数の数字も少しだけ落ち着いてきたようにも感じますね。
このまま静まってくれると良いんだけど...。

ですが、依然と インフルエンザ 対応 マスク は売れているようだし、
お店では品切れ状態が続いてます(ノ´~`)ノ
これも来週には落ち着いたら良いなぁって思います。

で、私は滋賀在住なんですが、
大阪に感染者が出た!と報道された翌日に、
我が家もマスクの備蓄が少ないなぁと思い、
近所のドラックストアにちょっと買っておこうと行きましたが、
もうすでに出遅れたみたいで、マスクが全く売られてませんでした^^;
マスクの棚が空っぽ!

そこで気になったのが、マスクって種類がありますよね?
インフルエンザ対応のものから、かぜマスク、花粉対策マスク、
夜寝る時の乾燥を防ぐためのマスクなどなど...。
それら全部がお店からなくなっていたんですよね。
『とりあえず、マスクなら何でも良いから買っておこう』って感じなのかな?
それで本当に良いのか気になって調べてみました^^;

マスクにはそれぞれの防ぐものの粒子の大きさによって、
風邪菌対応!だとか花粉対応だとかの種類に分かれているようです。

粒子とは花粉用なら花粉の大きさ風邪用なら菌の大きさ
インフルエンザ用ならウイルスの大きさに対応しているってことです。
これらの粒子の大きさは↓こんなにも違うんです。

花粉(10μ~100μ)>菌(0.5μ~5μ)>ウイルス(0.03μ~0.3μ)

ちょっと単位が難しいからピーンとこないかも知れないけど、
1μ=1ミリの1000分の1の大きさなんだそうです。
ミクロン単位の世界なので、目で見ても全然分からないので、
全部一緒に考えてしまいがちですよね...。

つまり、花粉の大きさを1mと考えたら、ウィルスは1cm程度の大きさなんです。
1m弱の穴のあいた網で、1cmのものを防ごうとしてもそれはムリでしょう!
ってのは分かると思うんだけど、これと同じなんです。
なので、花粉対策マスクでは、ウィルスが防げないようです。

それでも唾液や鼻水のような水分に含まれるウイルスは防げるみたいなので、
咳をしているのにどんなマスクでもつけないよりはマシだとは思います。
でも、備蓄しておこうって思うなら、やっぱり多くのウィルスを防げるものを
購入しておきたいですよね...。

インフルエンザ サージカルマスク
↑N95微粒子用マスク(折りたたみ式)
今回の弱毒性のインフルエンザではN95ほどのマスクは必要ないかも
知れませんが、今後のために1箱は持っておきたいなと、私が思ったマスクです。

高機能 サージカルマスク

インフルエンザ対応マスク
↑やっぱりこの形のマスクの方が街中ではつけやすいと思います。
0.1ミクロンの粒子を99%カットしてくれる3層構造で、なかなか良さそう♪

今は売り切れ状態のところが多いかも知れませんが、
また落ち着いたら、次の冬や、もっと強毒性のインフルエンザなどが
流行した際に慌てなくても済むようにしたいなぁとうちでも購入しようかと思ってます^^
今、マスクが売れるからと言って、かなりの高値で売っている心ないショップも
あるので、その辺は注意したいですね!

あと、マスクは毎回使い捨てないとあまり意味がないんだそうです。
ウイルスがついている可能性があるものは、もったいなけど捨てましょう♪
マスクを付ける時は、鼻の辺りに入っている針金をきっちり自分の鼻の形に
合わせて、できるだけ隙間を作らないことも大切なんだそうですよ^^

あと注意したいのが、マスクを外す時!
マスクの外側(口のあたり)を持って外すのはダメなんだそうです。
そこに菌やウイルスがついているわけですからね^^;
なのではずす時は、耳にかけている紐から外すようにしましょうとのこと。

でも、こんなにマスクを重要視している国は、世界からみたら
日本とアジア圏の一部の国だけらしいです!
でもWHOはマスクの基準をつくってたりするのにね?どうなんでしょう?

とにかくマスクは万全ではないし、マスクの着用の仕方で全く意味がなくなって
しまうものなので、正しい知識はもっておきたいですよね。
なので、マスクについての知識を持っておきたくて、マスクの種類について
色々調べてみたんですが、素人では本当に難しい分野だってことを痛感しました(ノ´~`)ノ

※マスクについて勉強になったブログ及びサイトなど...
●N95マスクについて書かれたブログですが、
 コメント欄がとても参考になると思うので、知識を高めるためにもぜひ読んでみてください!
新型インフルエンザ対策「N95マスク」試着してみました

●N95というマスクを使用するには知識が必要なようですね!
 その中でフィットテストについて書かれたサイトです。
N95マスクが自分にフィットするか知っていますか?
あなたを守るはずの「N95マスク」 本当に大丈夫か

●新型インフルエンザに備える備蓄品についてかかれたPDFファイルです。
 なかなか参考になったので、良かったら...
新型インフルエンザに備える備蓄品について(後編) 

●yahoo!の新型インフルエンザ対策関連情報のページです。
 正しい手洗い方法なども書かれているので、
 基本知識として読んでおきたい内容でした。
新型インフルエンザ対策関連情報

※マスクは結局つける効果はあるのかないのかが気になって調べてみました^^;
インフルエンザ マスク 予防効果 ある?ない?

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:日々雑記

コメント(2)

N95マスクについてはWHOを初めとして、どの公的機関も一般人が装着することを推奨していません。

フィットテストなど一般人ができるわけもなくN95マスクを販売する業者は詐欺をしているとしか言えません。


コメントありがとうございます。
ご指摘頂いき、色々と調べてみました♪
すっごく勉強になったので、感謝いたします。

まず、『WHO推奨』という書き方をマスコミでも
されていたので、そのまま書いてしまいましたが、
これは問題ありだと思い、記事は変更しました!
ありがとうございます。

そしてN95マスクは一般人が使用するには
先にきちんと知識をつけておくことがとても大切なんですね!
そして、たとえ知識を得たとしても、
個人で“フィットテスト”することは難しいんだって
ことも分かりました!

そして販売する業者がそのことを明記していないのは
問題あるとは思いますが、“詐欺”呼ばわりするのは
私、個人的にはどうかな?と思いますし、
品質的に悪いものではないことは確かなことだと思うので…。ただ、使用の仕方に色々注意が必要ってことを
もっと書いていてくれたら良いのになぁとは思いますよね。

あと、日常的にN95マスクを使用するのは
かなり難しいようですね!
通常はサージカルマスクでもじゅうぶんな感じですね。
それでも最悪のケースを考え、備蓄しておくことは
とても大切なことかも!とも改めて思いました。


コメントする




« 世界一受けたい授業 若さを保つ には 赤 ! | ホーム | インフルエンザ マスク 予防効果 ある?ない? »

このページの先頭へ