東北地方地震の被災者に支援(救援)物資を送りたい方へ!

2011年3月12日

西日本の方!テレビやラジオ、ネットの情報を見ては、
涙が出る状態で、とても悲しい気持ちなっているかと思います・・・。

海外から応援の言葉があるのに、
同じ日本人として何かできないのか?!と
強く思っていることかと思います。。。

そして救援物資を少しでも送りたい!という気持ちになるのも
とても分かります。

でも少し待ってください!

※追記!
 地震直後と状況が変わってます。
 関西広域連合地域の救援物資受付情報を新たに書きましたので
 送りたい方はこちらをどうぞ

 →関西広域連合地域の救援物資の受付 情報

東北地方の被災者に支援物資を送りたい人へ

何か少しでも足しになればという心使いはとても大切なことですが、
それで逆に困らせてしまう場合があるようなので、
慎重に判断して行動することが大切だなと感じました。

こんな記事をみつけました。
※記事元はこちらから→宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ

以下抜粋させていただきました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

災害が起きると全国から様々な支援物資が送られてきますが、物資が原因の新たな災害が引き起こされる危険性があることはあまり知られていません。

中越地震では物資が無節操に届き過ぎることで、被災者が毎日徹夜で仕分け作業を行わなければならなくなったり、日が経って腐ってしまった生ものを報道陣に隠れて処分しなければなりませんでした。

せっかくの支援物資が災害を起こさないために読んで欲しいです。

*まだ、詳しい情報が出ていないのでこれから更新していく予定です。

過去の地震の場合の情報ですので、今回の地震には当てはまらない点もある可能性があります。

※寄付先です。(リンクは宮城県ホームページ)
 こちらは宮城県で常に募集している寄付です。
 今後専用の寄付先が開設される可能性があります。
→http://www.pref.miyagi.jp/zeimu/hurusato/tetsuduki.html
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

《物資の送り方》

●1つの段ボールには1つのものしか入れない。
 いろいろなものを少しずつ入れると仕分けに苦労します。

●段ボールの表面の見えやすい場所に大きく何が入っているかを書く
 「水」や「おむつ」など。

●重すぎないようにする。ペットボトル飲料などを入れるときは注意。

●常識ですが、食べ残しのようなものや、
 消費期限の切れたものは入れない。

●お金を送る方がいい場合もあります。
 お金は封筒に入れて送るとわかりにくいので必ず振り込みましょう。

《何を送ればいいか》
避難所で喜ばれる物資を分類して書いておきます。
また、送られると困るものも書いておきます。

ソースは「震災がつなぐ全国ネットワークさんの冊子より」

《食料》
●喜ばれるもの:飲料水、カップ麺、お湯だけで作れるレトルト食品、
          乳児用粉ミルク、哺乳瓶

●困るもの:野菜や魚などのなまもの、アイス、
       電子レンジで調理しなければならないもの、消費期限切れ食品

《衛生用品》
●喜ばれるもの:おむつ、生理用品、歯磨き、石けん、タオル、
          トイレットペーパー、ウエットティッシュ、マスク、
          水を使わないシャンプー、

《その他》
●喜ばれるもの:マスク、新品の肌着や衣類、使い捨てカイロ

●困るもの:古着(古着は誰も貰いません、ゴミになるだけです)、
       家でかきあつめたようなこざこざ、
       趣味で作った装飾品、絵画など。

《医薬品》
医薬品は医師や薬剤師がいないと配れません。
自分に処方された薬などをたまに送る方がいらっしゃいますが誰も使えません。

●本音を言えばモノよりお金です。
●自宅の不要品処理のような気持ちで送らないようにしましょう。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以上です!
今はとにかく間違った判断をしないことが大切なようです。
ぜひ、行動にできる前に正しい情報を見てからにしてくださいね。

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:生活のめもその他いろいろ

コメント(1)

名取美田園第3団地名取では、一番ちさいので、他の仮設の10分の1位の支援物資
大きいとこは、テレビ、新聞にのるので、優先的に(議員さん、大きい会社、有名人)
格差が現実には、あるので応援お願い致します。


コメントする




« 世界一のスクランブルエッグの作り方 | ホーム | 東日本大震災で感じた"情報格差"について... »

このページの先頭へ