下処理が簡単!失敗なしの楽チンになる方法-はなまる

2011年5月25日

今日のはなまるマーケットで紹介された
過去にも放送された「使える調理ワザ」の続きです。

紹介された調理ワザのカテゴリーは3つ。


  1. ひと手間で料理が劇的に美味しくなるワザ

  2. 下処理が簡単!失敗なしの楽チンワザ

  3. 夏に役立つ!省エネ調理ワザ

ここでは『下処理が簡単!失敗なしの楽チンワザ』をまとめます。

誰でも簡単!玉ねぎみじん切りと長芋の千切り~

調理 下処理の簡単方法
《玉ねぎみじん切りのやり方》
これは簡単!で、調理師学校では常識の切り方です^^
調理 下処理の簡単方法


  1. 玉ねぎの繊維に沿って、根っこ部分の芯を残して、反対側から放射状に包丁を入れる。

  2. 今度は反時計回りに90度回し、包丁を横に寝かせて、同じく芯を残してまな板に平行に切込みを入れる。

  3. 最後に玉ねぎはそのままで、包丁を今度はまな板に垂直に根っこまで切り込みを入れて、みじん切りにしていく。

《長イモの千切りのやり方》
調理 下処理の簡単方法
これ使えそうです!
長いもの粘り効果で切ってもくっついているので、
縦に切ると切りやすくて良いと思います!

繊維がつかないショウガのおろし方

調理 下処理の簡単方法
ショウガをすりおろすと、繊維がどうしても残って、
うまく取れません。。。

でもアルミホイルをひくと。。。
調理 下処理の簡単方法
ショウガの繊維がまとわりつかなくなるんです。

使う時はアルミホイルごと剥がして使います。
絞り汁を使う時は、このアルミごと絞ると最後までしっかり絞りきれます!


失敗しない!魚の3枚おろしのやり方

調理 下処理の簡単方法
ポイントは"背ビレ"と"腹ビレ"に目印をつける程度の浅い切り込みを入れること!

通常は一気に背ビレから真ん中の大きな骨(中骨)まで切り込みを入れるのですが、
力加減や、まっすぐ包丁を走らせるのが難しく歪みがちに。。。
ですが、この方法だと少ししかやり方は変わらないのに、
簡単にしかもキレイにできちゃうのだそうです!

  1. 背ビレの上に頭側から尻尾にかけて、浅く包丁をスーッと動かし切込みを入れる。
    調理 下処理の簡単方法
  2. 腹ビレも同じように、今度は尻尾側から頭にかけて腹ビレの上に包丁をスーッと滑らすように切り込みを浅く入れる。
    調理 下処理の簡単方法
  3. 包丁を寝かせて中骨の上に包丁を差し込んで、今度は一気に中骨に沿って切ると、身と骨がはがせます。
    調理 下処理の簡単方法
  4. ※裏側の身も同じように切ります。
すると簡単に3枚おろしができるのです。

※はなまるマーケットの公式サイトはこちら
はなまるマーケット公式サイト

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:食・料理めも便利・日常レシピ

コメントする




« ひと手間で料理が劇的に美味しくなる方法-はなまる | ホーム | 夏に役立つ!省エネ調理ワザ-はなまる »

このページの先頭へ