DON ! 紫外線対策 の ヨーグルトパック の作り方

2010年9月 6日

DON!(2010年9月6日)で紹介された『紫外線ダメージ』について...

記録的猛暑の今年の夏!
紫外線の量もきっと半端なかったでしょう!!
例年の夏よりも、肌が紫外線ダメージを受け、
シミやシワが増えあなたの顔も「老け顔」になってしまうかも!?

ってことで、紹介された
『今すぐできる回復術&メイク術で夏のダメージを解消!!』

教えくれた先生は
衣理クリニック表参道 院長 の 片桐 衣理先生

"老け顔"というのは、
紫外線ダメージを放っておいてシミやシワが増え老化スピードが早くなって
しまた状態のこと。

つまり、この夏のダメージを今のうちにしっかり取っておかないと
"老け顔"が進んでしまうってことなのです。
どうなってしまうかと言うと。。。。

馬場アナウンサーが老け顔が進んでしまったらこうなるのだとか!
DON!紫外線ダメージによる老け顔

すべての老化の原因の80%が光老化(紫外線ダメージ)に
よるものだとも言われていますのでやっぱりダメージケアも大切なのです!

≪紫外線を知る≫
紫外線にはUVAとUVBがあって、波長の長さが異なります。
・UVB...波長が短い紫外線。
      このUVBは皮膚表面に届いて、メラニンを作らせ
      日焼けを起こす紫外線なので、シミになりやすい。
      ※肌はメラニンを作ることでこの有害なUVBを遮断し、
       身を守ろうとしているのですが、同時にシミにもなってしまうので
       厄介なのです。。。。

・UVA...波長が長い紫外線。
     ガラスも通貨してしまうので、たとえ室内に居ても降り注ぐ紫外線です。
     厄介なのは、曇っている日でも、晴れている日と比較して7割は
     降り注いでいて、冬でも注意が必要な紫外線なのです。
     皮膚の表面に留まらず、真皮にまで届くので、
     コラーゲン層がダメージを受け、たるみやしわの原因になってしまいます。

≪紫外線対策1≫...夏でも保湿が大切!
 夏は常に汗をかいている状態なので、肌は潤っていると思っている人が
 多いようですが間違いなのです!
 
 実は夏のお肌は乾燥してるのです!
 ・汗によって肌の水分も排出されている。
 ・冷房による乾燥

 
 気づかずに乾燥した肌のままでいると、紫外線ダメージをより
 受けやすい肌状態なので、肌の老化はますます進んでしまう結果に
 なってしまうので、要注意なのです!

 そこでオススメなのが、
 ローションを染み込ませたコットンをジッパー付の小袋に入れて
 持ち歩き、汗をかいた時にすぐにそのコットンで拭くのです。
 汚れも取れやすく、保湿効果があるのでオススメなんだとか!
 ※注意したいのは、拭く時に、絶対にこすらないこと。
  肌に余計なダメージを与え、老け顔を悪化させてしまいます。

≪紫外線対策2≫...入浴後すぐに保湿が効果的!
 肌表面は乾燥している実感はないのに、肌の内部が乾いてしまっている
 状態の"インナードライ"な肌になりやすので、
 入浴後は5分以内に保湿ケアをすることが鉄則なのだそうです!!

≪紫外線対策3≫...カラダの中から対策を!
 紫外線ダメージを回復させるのに大きなポイントとなるのが、
 実は"お腹"なのだそうです!
 なのでお腹の調子を整えてくれる『ヨーグルト』で紫外線ダメージの
 解消ができるのです。

 ヨーグルトだけで食べるのも効果はありますが、
 野菜やフルーツと一緒に摂ると、
 乳酸菌の働きで、
 野菜やフルーツに含まれる抗酸化物質をより吸収してくれるのだとか!

≪紫外線対策4≫...ヨーグルトパック
 ヨーグルトは食べるだけでなく、顔に塗ってパックすることでも
 嬉しい効果がいっぱいなのだそうですよ^^

 これは片桐先生自信も実践している老け顔予防なので期待できそうです^^

 ●片桐先生も実行しているヨーグルトパック
 ・作り方(レシピ)
  プレーンヨーグルト(無糖)・・・大さじ1.5
  はちみつ・・・小さじ1
  小麦粉・・・大さじ1

 以上のものを加えてよく混ぜる。
 
 ※注意:顔に直接塗る前にお肌に合うかどうか手に塗って
  確かめましょう。
  赤くなったりかゆくなったりしなければOKです。

 スプーン1杯ほどを手にとって塗ります。
 10分たってからふき取ると、毛穴が小さくなって、
 肌が瑞々しくなるのです!

 洗顔後や、お風呂上がりにオススメ。
 又、1週間ほど続けると、きめが細かくなるのが実感できるように
 なるのだそうです。

≪紫外線対策5≫...今美容界のプロが注目している"OPC"を
             ケアに取り入れる。

 OPCとは
 オリゴメリックプロアントシアニジンの略で、
 植物などに含まれる効酸化作用が非常に強いポリフェノールの一種

 OPCが含まれている植物はブドウの種・皮、松の木の樹皮などなんですが、
 最もと多く含まれているのが、
 フランス南西部海岸に生息している、松の木の樹皮には、
 かなり豊富に含まれていることが分っているそうです。

 最近はこのOPCが配合されている化粧品やサプリも販売されていて、
 "フラバンジェノール"とか"フランス海岸松エキス"という名前で成分表に書かれているのだそうです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 私はもっぱら、b.glen の美白クリームでシミを徐々に徐々に
 薄くしていってます♪
 新たなシミもできにくい肌状態になっていると実感できますよ^^
 →ビーグレンで私が使っているアイテム紹介

 こちらも今月、美白クリームがさらにパワーアップして
 新発売記念キャンペーン開催中だったりします^^
 また詳しく書きますので、興味のある方は参考にしてみてください♪
 →新・ホワイトクリームex の詳細を見る

Clip to Evernote Check このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

カテゴリ:美容・健康めも美容なるほど

コメントする




« 季節の変わり目 "カラダいたわりレシピ" のレシピ1 | ホーム | はなまる シシリアンライス の作り方 »

このページの先頭へ