美容・健康めもの最近のブログ記事

ダイエットの基本!知っておきたい7つのウソ・ホント

色んなダイエット法が溢れかえっていますよね。
ダイエットの基本はカロリーを減らすこと!が常識だと思っていたら、肉を食べれば痩せる!や、糖質さえ減らせば何を食べても痩せる!などなど、何が正しいのやら分からなくなってしまいますよね。。一体どれが正しいダイエット法なんだろう??悩んでしまいます。

でも本当のところ、これが絶対正しいダイエット法だ!
と言い切ることのできる、誰にでも当てはまるダイエット法と言うのはないのかもしれません。
人それぞれ、顔や体型が異なるのと同じように太る原因も違いますよね。
だから痩せれる方法も違うんだと思います。

そこで大切なのは、自分はどういった傾向があるのか?
習慣化してずっとムリせずに続けていけるダイエット法はどれなのか?
そういったところを自分なりに分析して、それにそった情報を集めて、毎日少しずつプチ努力をするのが大切なのかなぁと強く感じます。

でもどんなダイエットを選択すれば良いのか?
それでも悩んでしまいます。。。
なので、先日「駆け込みドクター」で紹介されていた参考になる、『ダイエットの7つのウソ・ホント』をまとめておきたいと思います。

マラソン大会の2日前には42度のお風呂に入ると良い理由

マラソン大会の筋肉痛予防法
お風呂に入ると、思わず「はぁ〜」と声に出ちゃうくらい気持ちが良いもんですよね。

でも単に気持ちが良いからと言う理由だけで入浴するのはもったいないんだそうです。
と言うのも、お風呂の温度で体調をコントロールすることができるからだそうです。
(大東文化大学准教授 温泉医科学研究所 所長 早坂信哉先生 談)

目的によって効果が発揮できる、ベストな入浴温度があるんです。
その中でも、スポーツ後の疲れや、仕事の疲労感など疲れを残したくない時は
42度の熱めのお湯に10分浸かると良いそうです。

ダイエット中はご飯前にお風呂に入ると痩せやすい!?

痩せやすくなる方法

先日の「世界一受けたい授業」でやってましたが、お風呂は目的によってその効果を最大限に発揮する温度が決まっているんだそうです。

・ダイエットをしたい時の温度
・加齢臭を消す温度
・眠気を覚まして頭をスッキリさせる温度
・スポーツや仕事などの疲れをスッキリさせる温度

これらそれぞれ違う温度のお風呂に浸かることで体調をコントロールすることができると言うのです。

このお風呂の温度で体調をコントロールすることができると提唱していたのは
大東文化大学准教授 温泉医科学研究所 所長の早坂信哉先生でした。

1度の温度差でも効果が違うと言うので、へぇ〜と感心したので、それぞれの効果のある温度をチェックしました。

風邪が治る薬はないし、抗生物質では治らない!

風邪の真実!最新情報

先日の「あさイチ」を観て、風邪は抗生物質では治らないと聞き、ちょっと驚きでした。
だって「風邪ですね、抗生物質を処方しておきましょう」って、風邪の診断ではごく普通にあるころですよね?

そして、風邪という症状はとても厄介で、どんな名医でも100%風邪です!とは診断できないとも言ってました。
そもそも風邪ってあまりに身近過ぎて、どういった症状が本当は風邪なのか。。。や、どうしてかかってしまうのか。。。なんてちゃんと考えたことありませんでした。

たかが風邪と言われているけど、風邪にかかるとツラくて、色々と生活リズムが壊されて厄介ですよね。

今年も活躍中!やわらか湯たんぽ3年目

暖房をつけていても足元からくる冷えにおびえつつデスクワークをしていた私ですが、このやわらか湯たんぽのおかげで本当に冷え知らずになりました。
やわらか湯たんぽの効果
友達や姉にも良いものなので、紹介したいんですが、このやわらか湯たんぽは14,800円するんですよね。。。
けっこう思い切らないと買えない価格なので、気軽に紹介しにくいんですが。。
私の場合は主人が誕生日プレゼントで購入してくれたんですが、懐を共にする私的には嬉しいんだけど内心「もたいなーい!」って気持ちもありました。。(笑)
正直、足元用の暖房器具買った方が良くない?と思ったからです。

でも湯たんぽの本(後で紹介します)を読んでやっと分かったんですが、湯たんぽの方が良かったんです!
今年3年目も問題なく使えていますし、何年かは分かりませんがまだまだ使えそうです。
例えば5年間使えたとしたら、一冬3,000円で、温かいひと時を過ごすことができるんです。
そう考えればそんなに高くない買物だったと思えます。
しかも、冷え性が年々回復されて、寒さがツライ!って思うことがほとんどなくなったので、とても良い買物をしてくれた旦那に今は感謝ですね(^∇^)

何をして治らなかった頑固な便秘は「ねじれ腸」が原因かも?

便秘の原因はねじれ腸かも?解消法(はなまるマーケットより)
便秘の原因はいろいろありますが、最近注目されている原因が「ねじれ腸」だそうです。

「ねじれ腸」=腸がねじれていること。

便秘症の人で、食物繊維をたくさん食べたり、色々してみたけど、それでも便秘が治らないって方や、以下の項目に2つ以上あてはまる人は、もしかしたら「ねじれ腸」が原因で、便秘が治らないかも?知れないのです。

《ねじれ腸チェック》
1:子供の頃から便秘がち
2:腹痛を伴う便秘
3:便秘後、下痢になる
4:運動量が減って便秘に。

「ねじれ腸」は珍しい話では決してなく、なんと日本人の80%の人は「ねじれ腸」ってことが最近分かってきたんだそうです。
これが何をしても治らなかった便秘を引き起こしているかも知れないのです。

※ここでまとめている内容ははなまるマーケットで紹介された内容です。

抗アレルギー効果のあるレンコンパワーってすごい!

アレルギーに効果のあるレンコン(あさイチより)

オペラ歌手の中島啓江(けいこ)さんは、6歳の頃からアレルギー性の喘息に悩まされていたそうです。
発作が起きると、よく倒れこんでしまったりして結構大変で、生活に支障をきたすほど酷かったとか。。。
そんな中島さん、前にタクシーに乗った時おじさんに
「騙されたと思ってレンコンたべてみ!」と言われ、その通りにしてみたんだそうです。
それ以来5年ほど食べてたいたら、ある日気づくと、喘息の発作が出なくなっていたんだとか!

中島さんは「これはレンコンのおかげだと私は思っている!」とのこと。
レンコンがなかったらもしかしたらもう歌ってなかったかも。。ともおっしゃってました。

そう!レンコンってスゴイんです。
喘息はもちろん、アトピー花粉症にも効果があるそうです。
さらにそれだけではなく、他にも効果があることが最近の研究で分かってきたそうですよ。

疲れを取るには、鶏むね肉とオレンジの光にすることが大切!

疲労回復の食べ物と睡眠の質を上げる方法(世界一受けたい授業)
疲れ溜めてませんか?
なんでも文部科学省の調べによると、約6割もの人が「疲れ」に悩まされているとか。。。
さらにそのうち3分の2の人たちは半年以上疲れが取れないという慢性的な疲労を感じているとか。。。

さらにさらに真面目で頑張りやさんな人はその「疲れ」にさえ気づいてません。
これを『隠れ疲労』と言うそうです。

『隠れ疲労』はとても厄介で、気づかずに疲れを蓄積してしまっているので、脳梗塞や心筋梗塞みたいな命に関わる病気に陥ったり、死を招く(突然死)危険もあると言われてるんです。

疲れを単なる疲れだと思うのは、この疲労大国日本では危険なこと!
疲れは、痛みや発熱と全く同じで、脳が危険だよ~っと信号を送っているんです。

疲れているんだってまずは自覚した上で改善できるように疲労回復の知恵を付けることがまずは大切ですよね!

【牛乳の力】牛乳はゴールデンタイムに飲むべし!

牛乳を飲むと太りにくくなる(あさイチより)

牛乳と聞くと、
・大好き!!毎日飲んでる!
・カルシウム補給のために飲んでいる!

と言う人も多いんですが、逆に
・高カロリーで太りそうだし。。。
・コレステロールが気になるし。。。
・子供に必要な栄養なので、30代の私が飲まなくても。。。
・カルシウムは違う食品で摂取してるし。。

なんて思ってしまう人も少なくないかと思います。

でも、最近の研究で牛乳はカルシウムだけじゃなく、意外なパワーも持っていることが分かったんです。
なんと牛乳を飲んでいると太りにくくなるんですよ!意外ですよね。

※ここでまとめる内容はNHK「あさイチ」で紹介された内容を個人的メモ変わりにまとめたものです

猫背って本当はコワい!猫背解消ストレッチ法

いますぐ簡単にできる!ねこ背の治し方―カラダが変わる50のコツ (コツがわかる本!)

碓田 拓磨 メイツ出版 2012-10
売り上げランキング : 215870
by ヨメレバ

猫背は見た目に美しくないどころか、大病につながる結果になるかも?!

なんでも、悪い姿勢を続けると、脳梗塞になる危険性があるんだそうです。
猫背になると首が前に出るのでとても大きな負担になっているんです。
首は心臓から脳に血液がいく大事な橋渡しになっているんです。

その橋渡しになっている血管、"椎骨動脈"が首の骨の中を通っているんだそうです。
この血管は体の中で唯一、骨の中を通る血管なんだそうです。

悪い姿勢を普段続けていると、血管を慢性的に圧迫してしまっています。そこに、何かの拍子に強い衝撃をうけたりしたら、血管が裂けたり、詰まったりする恐れがあるんです。

例えば、首を強くぶつけたり、急に振り返ったり。。。といった衝撃など。

これが脳梗塞や、くも膜下出血などを引き起こしたりするんだそうです。

骨に囲まれている血管の問題なので、姿勢が良い方が間違いなく危険は少なくなるので、やっぱり猫背は改善した方が良いのです。

このページの先頭へ